|
video

最後書:ポッドキャスト

|


この歌をもとにして、在日米軍の歌が作られた。

レポート第1:書き直した

|
現在在日米軍の問題がホットトピックになっている。オバマ米大統領はもうすぐ日本に来ってから、この問題に関して鳩山首相と会談する。

在日米軍とは、日本にある基地にいる米軍だ。日本は第二次大戦で負けてから、アメリカに新しい憲法を作せられたその憲法の中に、大変な第9条が書いている。第9条とは、日本は戦争を始めることができないというものだ。それで、アメリカは日本に基地を建てることになった。


 米軍については問題が色々ある。日本はJSDFがいるのに、日本の外では北朝鮮と中国の横暴から日本を守れない。だから、在日米軍がいる。しかし、1952年から2004年まで米軍のせいで事故で1076人の日本人が殺された。そして他の事故も201481起こってしまったから、在日米軍時々安全と安定を壊していると思われている。日本に外国の軍がいることは、国権に関する問題だ。それで、日本の集団的自衛権が日本国民にとって、むずかしいそうだ。

また、思いやり予算の問題もある。思いやり予算とは、在日米軍駐留経費負担だ。日本の政府は義理で思いやり予算を払わらなければならない。それから、思いやり予算はとても高い。思いやり
予算のために、日本の政府は在日米軍に去年2083億円を払った。

その一方、在日米軍にはいい点もある。今、沖縄にアメリカ人がたくさんいる。だから、アメリカ人と日本人が知り合えて、文化交流ができる。そして、お互いの考え方も理解できるようになった。だから、在日米軍に関する点は悪い点ばかりでなくいい点もある。

今、オバマ米大統領と鳩山首相の会談がまだ行われていない。だから、その問題の解決はまだ決めていない。私たちにとって、在日米軍を少なくした方がいいと思うんだので、その問題に関心がある人は政府に手紙を送ったり、集会を開いたり、した方がいいと思う。

皆が手伝うのは大会に影響して、個人でも力を会わせれば、影響できて、世界を変えられる。

スクリプトの下書

|
私達は歌詞を作った時に、難しくて長い情報を使えなかった。だから、今作った歌
で、簡単に在日米軍に関する問題を説明した。
だいにじたい--
せんのあとで
アメリカは
にほんに

おきなわ、きちを作った
    九十のきち
六十三年もうすぎた
    しかし 
今でもきちがあるよ
在日米軍の〜問題

Woahhhh〜
for the longest time
在〜日〜
在日米軍

北朝鮮と中国の
こわいおうぼうから
日本を守れ
安全のために
在日米軍がいるよ

しかし米軍のせいで
日本人は
殺された
在日米軍事故も
多くおこった
安全じゃないよ


Woahhhh〜
for the longest time
在〜日〜
在日米軍

思いやり予算は高い
払わなければならない
   だから
日本の財政に 迷惑 になった
在日米軍のえいきょう

米軍が日本に来たら
アメリカ人 (と)
日本人 (が)
一緒に分かり合えるから
お互い
理解ができる

解決については
政府だけできるかな
   (けれど)
国民の
希望に応えて
解決を探すのが必要

そのことばかりでなく
皆が
手伝うのは
大会に影響して、
個人も大切になるよ


アウトライン

|
私たちは在日米軍の問題の情報を伝えるために歌の歌詞を書いて、ビデオを作りま
す。

面白くて、楽しくて、分かりやすく問題について情報を伝え方と思うので、その
伝え方を選びました。

1. 安全性

- 1952から2004まで在日米軍せいで1076日本人が殺されました
- 1952から2004まで在日米軍の事故が201481ありました
- 国権の問題

+ 在日米軍は北朝鮮と中国の横暴から日本を守っています

2. 経済関係

- 日本の政府が思いやり予算を払います

3. 文化交流

+ お互い理解ができます


4. 将来

- 在日米軍の削減?
- 普天間飛行場とキャンプ・シュワブの移設予定地?

単語とサイト

|
日本語で書いてあるサイト

http://www.zaikei.co.jp/article/biznews/090919/40455.html

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090922k0000m010046000c.html

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-07-02/2005070201_02_1.html

http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2009092502000042.html

http://mainichi.jp/select/world/news/20090927ddm002010121000c.html

http://mainichi.jp/select/world/news/20090927ddm001010096000c.html

英語で書いてあるサイト

http://www.jstor.org/pss/20048959

http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5isvL80tm2CmtM02IpLjwSb1dpMtA


http://www.yomiuri.co.jp/dy/national/20090919TDY04302.htm



単語
日米ーにちべい—Japan-America
日米関係ーかんけい—Japan-America relations
米軍ーべいぐんーUS Marines/Armed Forces
在日米軍ーざいにち—US Marines present in Japan
再編—さいへんーreorganization
関係ーかんけい—relations
明確ーめいかくーprecise, clear
キャンベル米国務次官補ーキャンベルべいこくむじかんほーUS Foreign Relations Undersecretary Cambell
日米安保条約ーにちべいあんぽじょうやくーTreaty of Mutual Cooperation between the US and Japan
防衛施設庁ーぼうえいしせつちょうーDefence Facilities Administration Agency
首脳会議ーしゅのうかいぎ—summit meeting
削減—さくげんーreduction, cut
力むーりきむーnot need strength
集中—しゅうちゅう—convergence, concentration, centralization
具体策—ぐたいさく—concrete plan
負担—ふたん—burden, charge, responsibility
外交—がいこう—diplomacy
裁判—さいばん—trial, judgment
略—ほぼ—almost; roughly; approximately
犯罪—はんざい—crime
普天間- ふてんまーFutenma, Okinawa
民主党-みんしゅとうーDemocratic Party
米空軍ーべいくうぐんーUS Airforce
先延ばしー さきのばしーputting off, delay, procrastination
移設-いせつ-relocation
極めて-きわめて-excedingly
主張-しゅちょう- claim, request
対応-たいおう-interaction, correspondence
一刻も早くーいっこくもはやく ーAs soon as possible
強調- きょうちょうーemphasize, stress
巡るーめぐる-to go around, to sorround, to concern (of disputes)
統合-とうごうーintegration, unifcation, synthesis
議論-ぎろんーargument, discussion, dispute
経緯-いきさつーdetails, whole story, chronology, particulars
可能性-かのうせい- potentiality, liklihood
否定-ひていーrepudiation, denial
負担ーふたんーburden, charge
要請ーようせいーclaim, demand, request
墜落- ついらくーfalling, crashing
国権- こっけんーnational sovereignty

返事

|
皆さんへ

コメントしてくださって、さりがとうございました。

皆の意見は面白いと思います。

日本人もアメリカ人も在日米軍について考え方が必ず調べるつもりです。そして、基地がある所に住んでいる日本人と住んでいない日本人の考え方がどんな違いも知りたいと思います。それから新しい政府はどんな計画があるか知りませんが、調べるつもりです。

米軍について研究のためにアメリカで作った日本語新聞も日本で(特に沖縄で)作った新聞も使おうと思います。アメリカと他の国の英語で書いた新聞も使おうと思います。